So-net無料ブログ作成
- | 2008年06月 |2008年07月 ブログトップ

スキンケアのオーガニックとは [オーガニックスキンケア]

オーガニックスキンケアは最近注目されています。

オーガニックとは農薬を使わずに作られた有機栽培のことを言いますが
最近では自然のものや化学薬品を使わずに作られたものを総じてオーガニックと読んでいます。

近年オーガニック製品の人気が高まってきています。

これは普通に暮らしていても身の回りの物が添加物の多い物が増えているので人々は
これを嫌い自然回帰的な考え方が高まっているのでオーガニックスキンケア製品の人気が高くなり徐々に
オーガニックのものが増えてきている為でしょう

スキンケアについてもこの傾向は同様です。
化学物質は肌にとっては異物であるという考え方から、スキンケアも自然界にあるものを利用したいという人が増え、
安全性の高いシンプルなオーガニックのスキンケア製品が注目を集めているのです。

例えばオーガニック製品のみを取り扱うマルティナ、マイエッセンス、ドクターハウシュカなどは世界的にも人気の高いスキンケア化粧品メーカーです。
トラックバック(0) 

アンチエイジングの紫外線対策 [日焼けスキンケア]

アンチエイジングの紫外線対策
『紫外線』はスキンケアにとって対敵です。ではなぜ、紫外線が良くないのでしょうか。

最近では、紫外線を大量に浴びると、皮膚がんや白内障といった病気になりやすいということが明らかとなりました。


また、紫外線には有害物質が含まれており、免疫力が低下してしまいます

免疫力が低下すれば、さまざまな風邪や病気にかかりやすくなり、アンチエイジングにとって決していい事ではありません。


紫外線対策には、UVカットの素材を使用した帽子・服、そしてサングラスなどで防御し、長時間、窓の側にいないなどの工夫をしましょう。

続きを読む


トラックバック(4) 

肌の再生(ターンオーバー)は夜作られる [アンチエイジングのスキンケア]

肌の再生(ターンオーバー)は夜眠っている時間に作られる事を知っていましたか?

睡眠中に成長ホルモンが分泌されるので日中に受けた様々なダメージが再生されるのです。その睡眠が慢性的に不足すると、十分な成長ホルモンが分泌されず、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)が乱れてしまい、いろんな肌トラブルを引き起こしてしまう結果になってしまいます。


肌が最も効率よく再生、入れ替わる睡眠の時間帯は、夜の10時から翌日の午前2時の間と言われています。
この時間帯は成長ホルモンがもっとも分泌される時間帯なのです。

この4時間以外の時間に眠っても、効果的な肌の再生は期待できないそうです。肌の再生が滞るとしわやしみなど肌のトラブルが起こってくるので、出来るだけこの時間をはさんで睡眠をとることが肌のターンオーバーには大切な事です。

続きを読む


トラックバック(3) 

スキンケアのアンチエイジングとは [アンチエイジングのスキンケア]


初めにアンチエイジングとは何でしょうか
アンチエイジングとは
抗老化または抗加齢と訳され、エイジング(老化や加齢)に対抗するケアのことで人間は、加齢とともに肌や身体が老化していくことは、ごく自然な事で、老化を止める事ができません。
アンチエイジングは肌年齢の進行を遅くする、または若返らせるスキンケアの方法です。

その方法は様々で体の外から肌に直接接する方法と体の内からサプリメントや医療などで綺麗にする方法などがあります。

しかし真のアンチエイジングはストレスの無い生活です、と言っても現代の日常では中々難しいのでないでしょうか
そこでスキンケアのアンチエイジングを行う方法としてはストレスへの対応力を高め、よい精神状態を保つ事がアンチエイジングにつながり更に化粧品やサプリメントを併用する事でスキンケアに効果的に役立つのではないでしょうか


トラックバック(1) 

乾燥肌対策 [乾燥肌のスキンケア]

乾燥肌とは

私たちの肌は常に皮脂という油を分泌しています。
この皮脂は、皮脂膜という膜を作り肌を乾燥や紫外線から守る働きをします。

しかし、なんらかの体の異常により、皮脂がちゃんと分泌できなくなると、肌を保護してくれる
皮脂膜が作れなくなり、肌をしっかり保護できなくなるのです。そして肌が乾燥し、乾燥肌になってしまいます。

「乾燥肌のスキンケア法」

続きを読む


敏感肌対策 [敏感肌について]

敏感肌対策は肌の乾燥、紫外線による肌トラブルを防止するビタミンA、にきびや肌荒れを防ぐビタミンB群、シミやシワの予防・解消するビタミンC、肌の老化防止にビタミンE、肌のくすみを改善、保水力もアップするミネラルは日ごろから気をつけて摂りたい栄養素です。
栄養バランスのよい食事、肌が生まれ変わるターンオーバーの時間に安眠する、趣味や適度な運動でストレス発散するなどを心がけることが大切です。

敏感肌用化粧品(クレンジング、洗顔、化粧水、美容液、乳液、クリーム、化粧下地、ファンデーション、日焼け止め)、シャンプー、サプリメントなど多数ありますが、成分表示を確認し、自分の肌状態に合ったものを選びましょう。


トラックバック(0) 

日焼けスキンケアについて [日焼けスキンケア]

日焼けスキンケア

私たちが普段、太陽から受ける紫外線にはUVA、UVB、の2種類があります。
UVAは危険性が一番小さいですが皮膚の加齢、DNAへのダメージ、皮膚がんの可能性等に影響を及ぼします。
またUVBは皮膚がんを引き起こす原因となりますので日頃のスキンケアが大切です。

紫外線による日焼けの炎症もすぐにおさまる軽度のほてりから、長時間かけないと静まらないものまで様々あります。また、炎症を抑えるといっても、その方法はいくつかあります。

日焼けは軽度のやけどと同じです、初めに行う事は肌に水をかけて冷ますことが先決です。

その後は、お肌の炎症の程度によって方法が異なります。
どの位の自覚症状かを判断し効率よく日焼けによる炎症をおさえましょう

続きを読む


トラックバック(1) 
共通テーマ:ショッピング

美肌スキンケアとは [美肌スキンケア]

さあ!マイナス5才を目指して美肌スキンケアを頑張りましょう!

あなたは

「肌を若く蘇らせたい」「しみを取りたい」「肌を明るくさせたい」「みきびやくすみを無くして透明感をだしたい」
「手軽に肌のザラツキをなくしたい」「自分にあった方法を知りたい」
と思ったことはありますか?


「きれいな肌とは、健康な皮膚のことであり」「健常な皮膚」とは「正常な角質層」のことです。

「正常な角質層」には、NMF(天然保湿因子)とセラミドと皮脂が存在しているので角質層が形成され、上部を皮脂膜が被っています。
この状態を目指したケアーが「真のスキンケア」です。

スキンケアで重要なことは
 1:清潔・2:保湿・3:保護の3項目です。

この事に気をつけて行っていれば自然と肌のスキンケアが出来ているでしょう。

続きを読む


トラックバック(1) 

にきびのスキンケアについて [にきびスキンケア]

にきびのスキンケアについてですが

ニキビは比較的一般的な皮膚疾患ですが、特に働く女性にとっては悩みの種です。化粧のりが悪かったり、ニキビを隠すために無理に厚くファンデーションを使う,それが原因でさらにニキビが悪化するなど思いあたるのではないでしょうか

ニキビの治療には、自分の肌の状態を知り、さらに体質・食生活を含めた日常生活など、自分の身体状 況と生活環境を把握するのが大切です。

【にきびの原因】
皮膚の脂(皮脂)は、毛穴を通って皮膚の表面に出てきます。何らかの理由でうまく皮脂が外に出られず、毛穴が詰まっていたり(白ニキビ)、さらにアクネ菌の感染を伴い、赤く炎症を起こした状態がいわゆるニキビです。

原因は人によって様々です基本的には皮脂の分泌が増えるとニキビができやすいのですが、その原因は、間食・疲労・ストレス・ビタミン不足・性ホルモンのバランスの乱れなどが関係しています。また誤ったスキンケアが、ニキビの原因になることもあります。
例えば過剰な肌のお手入れや、手入れの時につぶしたりして刺激をして悪化させたり皮脂を毛穴に閉じこめてしまうことです。

続きを読む


トラックバック(0) 

無添加(化粧品)って安全ですか? [無添加化粧品]

よく無添加・・・とか色々ありますよね。では無添加って体に安全なのでしょうか?

結論から言うと「無添加化粧品」=(イコール)【安全】とはいえません。

とある原料が配合されていないだけです。無添加が安全性を保障するわけではありません。まぎらわしい広告は沢山出回っています。
一般的に、無添加=肌にやさしい、環境にやさしい化粧品、というイメージがあると思います。では、どこまでを“無添加化粧品”というのでしょうか。実は、法律などによる無添加化粧品の基準というものはありません。

無添加化粧品とは

化粧品は化学物質が主な成分ですが、その化学物質の中で特にアレルギー発生や皮膚障害のおそれがあるものとして厚生省によって指定された成分が102品目あります。これを【表示指定成分】といいます。(2001年4月に化粧品の全成分表示)

一般的に「無添加化粧品」という場合は、「表示指定成分」という刺激性の強いと思われる102の物質については添加されていないという意味で使用されています。無添加化粧品だからといって合成界面活性剤が入っていないと言っているわけでも、防腐剤が入っていないと言っているわけでもありません。
一般的に無添加化粧品といわれる場合は、刺激性が高いとされる表示指定成分を含んでいない事を指します
これらの102種類の成分は、人の肌へなんらかの影響を及ぼすとされ、特別にそれらだけは明記されていたのです。
その、表示指定成分が入っていないものを総じて「無添加化粧品」と呼んでいました。

続きを読む


トラックバック(0) 

- |2008年06月 |2008年07月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。