So-net無料ブログ作成

アンチエイジングの紫外線対策 [日焼けスキンケア]

アンチエイジングの紫外線対策
『紫外線』はスキンケアにとって対敵です。ではなぜ、紫外線が良くないのでしょうか。

最近では、紫外線を大量に浴びると、皮膚がんや白内障といった病気になりやすいということが明らかとなりました。


また、紫外線には有害物質が含まれており、免疫力が低下してしまいます

免疫力が低下すれば、さまざまな風邪や病気にかかりやすくなり、アンチエイジングにとって決していい事ではありません。


紫外線対策には、UVカットの素材を使用した帽子・服、そしてサングラスなどで防御し、長時間、窓の側にいないなどの工夫をしましょう。「一般には日焼け止めとも呼ばれているサンスクリーン剤とは」

サンスクリーン剤は、皮膚に当たる紫外線をブロックすることによって、日焼けや皮膚の老化を予防するためのクリームである。

SPF(Sun Protection Factor)(UVB防御指数)
紫外線のうちUVB波の防止効果を表す指標。紫外線を浴びた際にできる皮膚の赤い斑点ができるまでの時間を何倍に長く出来るかを表したもので、具体的には、赤い斑点が現れるまでに20分程度かかる人がSPF10の日焼け止めクリームを塗った場合、20×10=200分(3時間強)の日焼け止め効果が期待できるということになる。日本ではSPF50を超える能力が有意に認められる場合はSPF50+と表記することになっているが、海外では50以上の数値をそのまま表示する商品も多い。

PA(Protection Grade of UVA)(UVA防御指数)
紫外線のうちUVA波の防止効果を表す指標。PAは + 、++ 、+++ の3段階に分類されており、+ が多いほど効果が強い。
トラックバック(4) 

トラックバック 4

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。