So-net無料ブログ作成
検索選択

日焼けスキンケアについて [日焼けスキンケア]

日焼けスキンケア

私たちが普段、太陽から受ける紫外線にはUVA、UVB、の2種類があります。
UVAは危険性が一番小さいですが皮膚の加齢、DNAへのダメージ、皮膚がんの可能性等に影響を及ぼします。
またUVBは皮膚がんを引き起こす原因となりますので日頃のスキンケアが大切です。

紫外線による日焼けの炎症もすぐにおさまる軽度のほてりから、長時間かけないと静まらないものまで様々あります。また、炎症を抑えるといっても、その方法はいくつかあります。

日焼けは軽度のやけどと同じです、初めに行う事は肌に水をかけて冷ますことが先決です。

その後は、お肌の炎症の程度によって方法が異なります。
どの位の自覚症状かを判断し効率よく日焼けによる炎症をおさえましょう
日焼け直後のケアの次は、失ってしまった肌の水分を補います。敏感肌乾燥肌の原因になりますので日焼けした肌に水分を補給しないといけません。保湿成分の入った化粧水をたっぷりつけ、ローションでパックして、失ってしまった肌の水分を補い、もとのお肌を取り戻すための手助けは必須です。


体の中からスキンケア
日焼けしたお肌に大切な栄養素といえば、ビタミンCとEが効果的です。それは日焼けの原因、活性酸素を除去する働きがあるからです。ビタミンCが含まれる食品で有名なものはモチロン果物ですね、ところがビタミンCは水溶性のビタミンなので、摂ってもすぐに排泄されてしまい体内にとどまっている時間がわずか数時間しかありません。

ビタミンEは、それ自体強い抗酸化作用がありますが、ビタミンCと一緒に摂取すると、互いにその効果を高めスキンケアに最適です。ビタミンEを多く含む食品は落花生、大豆、アーモンドなどです。

ビタミンEは脂溶性ビタミンと言って排泄されにくい性質を持っています。だから摂取頻度でいえば、ビタミンEよりはビタミンCをこまめに採り体の中からもスキンケアを心かけて下さい。



231068.jpg
SPF50でこの使い心地ならグー!少量でも良く伸びるしべたつかない。皮膜感がないし白くならないのでgoo~!
「ランコム」UV エクスペール ニューロシールド50
今売れてる日焼け止め


トラックバック(1) 
共通テーマ:ショッピング

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。